パソコンで数値計算

コンパイラーの準備(Borland C++Compiler)

C言語コンパイラー

C言語のコンパイラーは無料で使用できるものがあり、その中で有名なBorland C++Compilerというコンパイラーがあります。使い方も比較的簡単で初心者にもおすすめです。

インストール

サイトC++Builderにアクセスし、Borland C++Compilerをダウンロードし、適当なところに保存します。そして保存したファイルfreecommandlinetools2.exeを実行します。するとインストール先のフォルダを指定するように言われますが、初期でc:\borland\bcc55と表示されているはずなのでこのまま完了ボタンを押しインストールします。

パスの設定

インストールしただけではまだプログラムソースをコンパイルできません。パスの設定作業が必要です。以下はWindows XPの場合の説明です。その他のOSのエディションの場合Borland C++ Compiler 5.5 - FAQにて確認してください。

マイコンピューターを右クリックし、プロパティを選びます。するとシステムのプロパティが表示されますので、詳細設定という名のタブを選び、環境変数を選びます。そしてシステム環境変数のところのPathを選び編集ボタンを押します。そして変数値のところに「;C:\BORLAND\BCC55\BIN」を追記します。つまり最初から書いてあるものを消さずに「」の中身を後ろに書き加えます。追記後OKボタンを押します。さらに環境変数のダイアログでOKボタンを押し閉じ、システムのプロパティのダイアログのところでもOKボタンを押し閉じます。これでパスの設定作業は終了です。

BCC32.CFGの作成

インクルードファイルとライブラリファイルの場所を指定するためにBCC32.CFGを作成する必要があります。Borland C++ Compiler 5.5 - FAQにも説明文が詳しく書いてありますが、簡単にまとめると以下のようになります。

メモ帳等で次のように記載し

-IC:\Borland\Bcc55\Include
-LC:\Borland\Bcc55\Lib

ファイル名をBCC32.CFGとしインストール先C:\borland\bcc55\Binに保存します。上記のインストール先フォルダにインストールしていない場合保存する場所が変わります。

コンパイラーのテスト

ここで無事にコンパイルできるか試してみましょう。まずプログラムソースを作成します。ここではCドライブにtestフォルダを作成し、そこにプログラムソースファイルtest.cを作成します。よってこのソースファイルの場所はC:\testとなります。プログラムの内容は何でも良いですが、ここは2分法のプログラムソースをコンパイルしてみます。まずコマンドプロンプトを起動しソースファイルの場所を指定します。「cd C:\test」と入力します。次に「bcc32 test.c」を入力し、プログラムをコンパイルします。エラーが無ければ無事にtest.exeが出来ますので、それを「test.exe」と入力し実行します。後は2分法を使って方程式の解を求めるので、とりあえずここでは左の値を0.5、右の値を1.0と入力します。すると解の値等が出力されます。このように正しくプログラムをコンパイルし実行できればコマンドプロンプトに以下のように表示されるはずです。

C:\Documents and Settings\(パソコンのユーザー名)>cd C:\test

C:\test>bcc32 test.c
Borland C++ 5.5.1 for Win32 Copyright (c) 1993, 2000 Borland
test.c:
Turbo Incremental Link 5.00 Copyright (c) 1997, 2000 Borland

C:\test>test.exe
範囲の左の値を入力してください.
0.5
範囲の右の値を入力してください.
1.0
解の値は 0.664101
収束するのに 16 回かかりました.
C:\test>

2016/01/30 更新